TOP > 構造のポイント

その1/地盤の性質をしっかりと把握する

家を地盤上に構築するにあたり、安定性を保つために地盤に人工的な改良を加え、強い家の礎をつくります。

その2/重厚感を感じる檜の柱と梁

地震力・風圧力から建物をまもる筋交いをバランス良く設置し、しっかりと金物で固定(告示1460号による接合金物で固定)

PAGE TOP

トップ新築分譲住宅中古物件注文住宅建替えギャラリー会社概要資料請求サイトマップ個人情報保護方針

Copyright(C)2014 NAMURA KOUMUTEN ALL RIGHTS RESERVED.